ライティングの効率アップ術「ライティングのコツ」

/ライティングの効率アップ術「ライティングのコツ」

ライティングの効率アップ術「ライティングのコツ」

今回はコンテンツマーケティングの中でも重要な、「ライティングのコツ」を紹介したいと思います。

ライティングは質とスピードが大事です。

スピードをあげる事によって質が下がっては、読者に興味を持ってもらえる記事にはなりません。

ではどうすれば、ライティングのスピードをあげ尚且つ質の良い記事ができるのでしょうか??

ライティングのコツさえつかめば、読者の読みたい記事を効率よく作成することができます。

コツさえつかめば仕事の効率がupする事間違いありません!!

コンセプトを明確にする

ライティングにおいて、一番重要な事はまず、コンセプトを明確にすることが大切です。

発信する側のコンセプトが曖昧ですと、受け取る側には何も伝わりません。

WEBマーケにおいて重要なことは、

1.誰に 2.何を 3.どのように 4.どうやって 5.どこに 6.いつまでに 7.いくらで

こちらを頭に入れ、コンセプトを明確にしてから発信することでぐっと伝わりやすくなります。

この中でもライティングでは、誰に何を伝えるかというのがとても重要になってきます。

目的や伝えたい年齢層や性別等を明確にし、やっとstart地点に経つことができるのです。

先に見出しを組み立てる

コンセプトを明確にした後にすることは見出しを組み立てる事です。

見出しのタイトルは書いていくうちに変更しても構いませんが、最初にこういった事を書くと決めておいた方が迷わずスムーズに進めることができるのです。

それによって行きたい方向に案内されるので時間短縮ができ、効率よくライティングできます。

書きたい言葉入れたい言葉は書き出しておく

そして、次にする事は伝えたいことを先に書き出しておくのもポイントです。

ここではまだ、文章にまとめる必要はありません。

箇条書きでもいいので、メモしておきましょう。

そして、その言葉を組み立て文章として書き起こしていきます。

1度自分の言葉でライティングしてみる

まずは、自分の言葉でざっとライティングしてみます。

そして後から、言葉や言い回し等を考える方が効率的なライティングと言えるでしょう。

ここで簡単な言葉を、読む側が引き寄せられる言い回しに変えることも重要なポイントです。

2人以上で最終チェックする

ライティングをするにあたって、筆者の癖などが現れます。

特に濁点や、言い回しなどの癖は自分ではわからないことが多いです。

読者の気持ちになって読んでもらい、内容が伝わりにくい場合は修正することも必要な工程です。

画像の選定挿入箇所も大切

記事に興味を持ってもらう、読みたいと思わせるのに一番目に付く「画像選び」もテーマが大事です。

画像選定をきちんとすると、結構時間がかかります。

ですので、この箇所にはこういった画像を入れたいと先に決めておきましょう。

「画像が安っぽい」「記事内容に画像があっていない」「同じ写真を何度も使いまわす」

こういった事はライティングにおいて論外です!!

最後に

このように、最初に枠組みをすることで効率よくライティングできるのです。

読み手の気持ちを考え記事を作成することにより、読者の「読みたい記事」になりますので、自己満の記事ではなくまずは興味を持ってもらい、伝えたいことを伝えれる記事であるのがベストです。

効率よく時間をかけずにいい記事を作る。

これがライティングのコツ!!です。

2020-03-19T20:03:44+09:00

関連記事