ローカルSEO対策でリアル店舗の集客を促進

/ローカルSEO対策でリアル店舗の集客を促進

ローカルSEO対策でリアル店舗の集客を促進

SEO対策 ローカル

「ローカル」という言葉のさす内容は、「地域」となります。

事業の内容によって対策や対策をしたいキーワードは様々です。

しかし、大きくは2種類の分類されます。

それは地域名が含まれるか。そうでないかということす。

ホテルや美容クリニック、フィットネスジムなどは特定の所在地に来てもらって初めてサービスが提供できる業態です。

今回は、WEBの集客方法の一つ「ローカルSEO」を対策するべき理由と具体的な対策方法についてです。

特定の検索キーワードで検索した時に、検索した地域や場所によって、検索結果が異なることがあります。

特定の検索キーワードとローカルSEOには密接な関係があり、ローカルSEOの仕組みや対策方法を実践することで自社サイトへの集客効果が期待できます。

外出先でお店を探す際、どんなキーワードで検索をするでしょうか。

恐らく、ランチの場合は、「地域キーワード+ランチ」のように、業種や目的と地域名をかけ合わせたキーワードで検索を行ったことはありませんか?

このような検索の仕方は「ローカル検索」と呼ばれており、とても集客には欠かせない要素です。

検索エンジンはも代表的な例ですが、マップ(主にはGoogle)上でもローカル検索は頻繁に行われており、ローカル検索での上位表示を目指す「ローカルSEO」が注目を集めています。

地域住民や近隣を訪れた方々にビジネスの存在を強くアピールするためには、いかにローカルSEOを強化するかにかかっていると言っても過言ではないのです。

では、地域キーワードで検索結果の上位に表示させるためには、どういった対策が必要になるのでしょうか。

地域キーワードを対象ページに充実させる

「広島+●●」のような地域キーワードでの上位表示をさせユーザーを認知や来店行為の獲得を目指すには、その地域でビジネスを行っているということを検索エンジンに認識させることが必要です。

そのための対策として、ホームページ内の地域キーワードを充実させることが大切です。

では、地域キーワードを充実させるにはどうすればよいのでしょうか。

タイトルタグ内に地域キーワードを記述する

ホームページのタイトルタグに地域キーワードを含めると有効です。

タイトルタグは、サイト名やここのコンテンツのタイトルを記述するHTMLタグで、の間に挟まれた文言がタイトルとして表示されます。

例えば、広島にパーソナルトレーニングジムのホームページであれば、「広島のパーソナルトレーニングジムなら○○」といったように、ビジネスの所在地や展開しているエリアを記載すると良いでしょう。

また、ホームページ内の各コンテンツについても同様です。

「会社概要|広島のパーソナルトレーニングなら○○」や「お役立ち情報|広島のパーソナルトレーニングジムなら○○」といったように、タイトルタグに地域キーワードを含めるようにしましょう。

住所やアクセス情報の充実

ホームページには、ビジネス名、所在地、電話番号を記載しておく必要があります。

アクセス情報のページを設け、住所だけでなく最寄り駅からのアクセス方法なども記載しておくことで、地域名や駅名を検索エンジンにアピールすることができます。

ローカルSEO(Local SEO)とは

ローカルSEO(Local SEO)とは、「地域名+キーワード」や地域や場所に影響を受けやすいキーワードで検索した時に、特定の地域や場所に基づいた検索結果を上位表示するように、最適化を行うことです。

同じ意味で、MEO(Map Engine Optimization=マップ検索エンジン最適化)という言葉が使われています。

「地域名+キーワード」や地域や場所に影響を受けやすいキーワードはどういったキーワードなのか具体的に例を挙げたいと思います。

「地域名+キーワード」というのは、

ローカルSEO対策 広島

「広島 美容整形 」で検索をすると、検索結果の上位にGoogleマップと地域周辺の情報が上位に表示されますが、この部分を「ローカル検索結果」といいます。

地域や場所に影響を受けやすいキーワードというのは、地域の検索キーワードを含めなくても、周辺の美容整形のGoogleマップの情報が検索結果の上位に表示されます。

以下は、「英会話スクール」と検索した際の検索結果例です。

ローカルSEO対策 広島

[地域や場所に影響を受けやすいキーワードの内容]

地域に密着するサービス店:
美容室、クリーニング、花屋、個人店舗etc

飲食店:
ラーメン、焼き肉、居酒屋、寿司屋、お好み焼きetc

医療施設:
病院、歯科、内科、小児科、外科、皮膚科、薬局etc

教育施設:
学校、塾、英会話スクール、そろばん教室etc

宿泊施設:
ビジネスホテル、旅館、温泉宿etc

士業:
弁護士、税理士、司法書士、行政書士etc

業種に関係なく、店舗がある全ての施設やサービスなどが挙げられます。

すでに知っている人もいるかもしれませんが、ローカル検索結果は、現段階では上位3店舗のみしか掲載されません。

ローカルSEO対策の目標は、上位3位以内に特定店舗を表示させるため対策を行うことをさします。

ローカルSEO対策をすべき理由

ローカルSEOを対策すべき理由として、大きく分けると3つ挙げることができます。

  • ローカルSEO対策はすぐに始められる
  • ローカルSEOは検索結果の上位に表示されるためクリックされやすい
  • ローカルSEO対策はすぐに始められる

    すでにご存知に人も多いですが、ローカルSEOの対策においては、「Googleマイビジネス」の登録は不可欠です。

    ローカル検索結果の上位に表示するためには、「Googleマイビジネス」に店舗情報を正しく登録することから始まります。

    Googleマイビジネスの登録料金がかからず無料で登録が可能です。

    登録作業自体それほど難しくないので、すぐにローカルSEO対策を始めることができます。

    ローカルSEOは検索結果の上位に表示されるためクリックされやすい

    ローカル検索結果は1ページ目の上位に表示される事が多いので、通常の検索よりもクリックされる確率が高いです。

    ローカルSEO対策ではなく、通常のSEO対策で検索上位を狙うよりも難易度は難しくないでしょう。

    ローカルSEO対策は通常のSEO対策とは異なった表示ロジックが存在します。

    例えば、キーワード「八丁堀 カフェ」で検索する人はその時にまさに八丁堀にいてカフェを探してる人が比較的多いはずです。

    つまり、達成や実現の欲求が高い状態で、店舗の情報が詳しく記載しているので、クリックされやすいのです。

    ローカルSEO対策の重要指標

    ローカル検索結果にページを表示するためには、いくつか要素があります。

    要素には、大きく分けると3つに分けることができます。

  • 距離
  • 知名度
  • 関連性
  • これら3つの要素を組み合わせた最適な結果がローカル検索結果として表示されます。

    距離

    検索キーワードとGoogleマイビジネスに登録した店舗所在地間の距離をGoogle側が評価します。

    検索キーワードに地域名が含まれていなかった場合、検索したユーザーの位置情報から近い距離の店舗がローカル検索結果に反映されます。

    知名度

    Googleマイビジネスに登録した店舗や会社の知名度は重要な評価のひとつです。

    たくさんのユーザーが知っている有名な公共施設や店舗は、評価がされやすい傾向です。

    関連性

    検索キーワードの関連性とは、Googleマイビジネスに登録している店舗情報と検索したキーワードがどれくらい関連性があるのかGoogle側が評価します。

    また、Googleマイビジネスに登録をしていても情報が古かったり、住所や電話番号などの情報が不足している場合にも評価がされにくくなり、関連性が下がる場合があります。

    このあたりのことを踏まえて効果的に店舗への集客を実現しましょう。

    2020-05-12T20:19:45+09:00

    関連記事