集客とマーケティングの連動。効果的な集客方法について

/集客とマーケティングの連動。効果的な集客方法について

集客とマーケティングの連動。効果的な集客方法について

LP(ランディングページ)制作 広島 東京 改善 格安 料金 代行 デザイン 工務店 不動産 美容院 方法 やり方

マーケティングの一部といえる集客は、一方通行な広告や呼び込みだけではできません。

ニーズの多様化に加え、情報がすぐに手に入るようになった現在では、顧客が自らの意志で情報を選び取れるだけの経験・体験ができるようになりました。

そのため、集客の手段は、集客対象や手段の選び方がより重要になってきました。

この記事では、集客とマーケティングの関係や、具体的な集客方法についてわかりやすく解説します。

集客とマーケティングの関係

集客とマーケティングについてそれぞれ説明し、集客とマーケティングの違いや関係について解説します。

集客とは?

集客には、様々な視点があります。

街頭で自社の売り物を売りながら通行人全てに声を掛けるような方法は、売り手の意向しか含まれない集客手法です。

しかし冷静に考えてみると、年齢・性別を絞って売り物のチラシを配る方法になると、チラシの作成自体が消費者のニーズを調査した上である程度の仮説をもとに何らかの戦略を前提としているため、マーケティングの一部になります。

近年では、ターゲットを絞ってニーズを満たし、顧客との長期的な関係を築いて売上を伸ばす考え方が重視されています。

マーケティングの一部としての集客では、長期的に安定した収入が見込める固定客の獲得を目指します。

マーケティングとは?

マーケティングの定義はいろいろありますが、「多角的な視点に立って、より効率的に、できるだけ大量の商品・サービスを売るための活動」という点は共通しています。

マーケティングには、広告やキャンペーンによる集客だけでなく、見込客のニーズ調査や販売ルートの構築、ブランド戦略なども含まれます。

集客とマーケティングは切り離せない存在

マーケティングで売上を向上するためには、組織の効率化サービスの品質向上価格設定の見直し販売ルートの開拓プロモーションなど、総合的に取り組む必要があります。

※マーケティングとWebマーケティングでは言葉が指し示す範囲が異なります。

集客はプロモーションの一部であり、認知度の向上購買意欲の喚起が目的になります。

ただし、最近では集客の対策そのものがマーケティングとなるケースも多くあります。

顧客がSNSなどを利用して情報発信をするようになり、それらの顧客の声を聞きながらサービスの品質向上などを行う必要があるからです。

集客の対策は、集客のみを目的とする単独での要素が少なくなりました。

そのため、集客とマーケティングは、切り離して考えることのできない関係といえます。

集客を成功させるためのポイント

集客を実現させるために基本となるポイントについてを紹介します。

競合他社を研究する

最も意識せずに行っていることだと思いますが、集客効率を高めるためには、競合他社と比較することが非常に有効です。

特に、同じニーズを持つ客層からの評価の分析は、自社の強みや弱みがわかりやすく把握できます。

そうすることで、商品やサービスを改良しなくても、ターゲット層や集客場所、アピール方法などを変更することで、獲得できる固定客を増やせる可能性があります。

集客方法は目的にあわせて選ぶ

集客する際は、集客の目的をはっきりさせておきましょう。

例えば、新規顧客の開拓や潜在顧客のリテンション、リピーターへの追加購買の喚起など、それぞれ効果的な集客方法や広告内容、活用するメディア、広告規模などが変わります。

目的を明確にしてから集客方法を選択し、集客を行いましょう。

冒頭で述べたようにチラシなどの五月雨式で広告を展開しているよう場合であれば、検索エンジンで自社商品に関連する情報を検索する人をターゲットとして集客できるような方法を考えるべきでしょう。

情報を自ら検索する人であれば、成約に至る確率も高いことが予測できます。

可能な限り消費者(顧客)顧客目線で考える

集客活動として、自社の商品の魅力をたっぷりアピールすることで顧客を惹きつけようと考えてしまいがちです。

もちろんそれも大切なことですが、より効果的な集客は、顧客が求めているものや喜ぶもの、困りごと(課題)を解決できるものや情報を提供することです。

つまり、顧客目線で集客することが重要となります。

この点に気を付けるだけで、顧客に届く確率は格段に高くなります。

PDCAサイクルを回し続ける

効果的なプロモーションで満足できる集客ができたとしても、それが続くとは限りません。

定期的に効果測定をして、必要に応じて集客方法を変える必要があります。

また、顧客の反応や意見を取り入れてマーケティング全体を見直す必要もあるでしょう。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)」のサイクルを回し続けることが重要です。

オンラインにおける主な集客方法

オンラインで集客するための主な方法を紹介します。

SEO対策

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索されたときに、上位表示されるための施策です。

検索者のニーズを満たすようなオウンドメディアを構築したり、Webサイト内に自然な形でキーワードを含ませたりします。

店舗がある場合は、MEO(地図エンジン最適化)も重要です。

MEOとは、例えばGoogle マップで「カフェ 広島  パンケーキ」と検索したときに、上位表示されるための対策を講じることです。

この場合は、Googleマイビジネスの追加カテゴリに「パンケーキ屋」を設定したり、店内写真や口コミを充実させたりするとよいでしょう。

SNS

顧客と交流しやすく、自社のファン・固定客を作りやすい手段がSNSです。

代表的なサービスについて、詳しく紹介します。

Facebookは、ターゲットを絞って顧客と関係を深めたいときに活用できます。

もともと実名で登録し、友達同士の交流を目的としたサービスのため、顧客との距離が比較的近い小さな店舗などに向くといわれています。

趣味に関連したイベントの通知などもできるため、密な関係を築けるでしょう。

短期間で不特定多数にアプローチしたい企業には不向きです。

【Twitter】

Twitterは、オウンドメディアやキャンペーンサイトなどの自社サイトへ顧客を誘導したい場合に活用できます。

例えば、新商品を発表したときやオウンドメディアで記事を書いたときに、自社アカウントで投稿、発信してアクセス数の増加を狙うことが出来ます。

多くのシェアによる拡散で、予想外の効果が出ることもあります。

【Instagram】

インテリア関連や工芸品など、写真でアピールできる商品を販売する企業に向いているSNSといえます。

ユーザーは、#(ハッシュタグ)を用いて検索するため、適切なキーワードを設定するようにしましょう。

ユーザーの声を収集する際にも、ハッシュタグでの検索が使えます。

【LINE】

LINEは、登録メンバーにプッシュ通知が届くことが特徴です。

例えば、子売店が常連客に向けて割引キャンペーンを告知するときなどに使います。

ただし、あまり頻繁にメッセージを送信するとわずらわしいと思われるかもしれないので、顧客の気持ちになって運用しましょう。

インターネット広告

インターネット広告にもさまざまな種類があります。

それぞれの特徴に合わせて選びましょう。

また、これらの方法を用いる場合は、広告にあわせてLP(ランディングページ)の内容を吟味することも重要になります。

【リスティング広告】

GoogleやYahoo!などの検索結果の専用スペースに、出稿する広告です。

特定のキーワードの検索者に向け、検索1ページ目の上側に広告の表示がされるので、短期間で集客しやすいことがメリットです。

ただし、競合が多いほど広告料が高騰する傾向にあります。

【リターゲティング広告】

リターゲティング広告とは、特定の商品情報の閲覧者の行動を追跡して、別サイトの広告枠に関連情報を表示する方法です。

自社商品をすでに知っている人や関心を持っている人に再びアプローチできますが、配信対象者が少ないと効果が低くなります。

【SNS広告】

各SNSでは、性別や興味関心などターゲットを設定して、広告を有料配信できます。

メリットは、資金があればすぐに利用できる点で、デメリットは、タイムラインで流れやすい点です。

テキストを短めにして印象的な画像を載せるなど、SNS広告特有の対策も重要です。

【アフィリエイト広告】

自社商品のバナーやリンクを載せてくれる個人や法人を募る方法です。

一般的には、クリック報酬ではなく成約時に対価を支払う成果報酬型が用いられます。

その理由は、事前にコンバージョン単価を見積もることができるからです。

アフィリエイト広告へ誘導するための記事作成を、個人や企業に依頼することもあります。

【オウンドメディア】

オウンドメディアとは、自社が運営しているメディアのことです。

多くの人が興味をもつ内容について記事を書き、アクセスを集めます。

記事の中でうまくサービスや商品に誘導できると、大量の見込客を獲得できる可能性があります。

まとめ

集客は、マーケティングの一部です。

集客を成功させるためには、マーケティングと連動させながら最適なアプローチ方法で集客することが重要です。

しかし、「効果的な集客方法がわからない」「オフラインだけの営業に限界を感じるが、どのようなことから始めるべきかわからない」といった課題を抱えている方もいるのではないでしょうか。


2023-02-25T19:35:45+09:00

関連記事