コンテンツマーケティングとは?ユーザーに「見つけてもらう」仕組み構築

/コンテンツマーケティングとは?ユーザーに「見つけてもらう」仕組み構築

コンテンツマーケティングとは?ユーザーに「見つけてもらう」仕組み構築

広島 WEBマーケティング コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、潜在・健在ユーザーに対して、有益で説得力のあるコンテンツを制作および提供し続けることで、ユーザーを惹きつけ、エンゲージメントを生み出すことによって、最終的な収益に繋がる行動をユーザーに取ってもらうための一連の手法です。

新しいキーワードのように見えますが、概念自体は2000年頃からアメリカで生まれ流行り出し、日本では2015年頃からSNSマーケティングに代わる有用性あるマーケティング手法として注目を集め、流行りだしました。

「ユーザーが見てよかった!と感じるコンテンツを公開し続けることで、ユーザーに指示され、そこから物を買ってもらう」

という感じだとイメージがわきやすいかもしれません。

ユーザーにとって価値あるコンテンツは、ユーザーを魅了し納得を生み出す。

そういったコンテンツを提供し続けることがコンテンツマーケティングの大前提と覚えておきましょう。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEO

コンテンツマーケティング関連の話をする際、「コンテンツSEO」というマーケティング手法についても言及されることがあります。

一部では同じ手法として認識している方もいるようです。

しかし、実際にはことなる手法として認識することが正しいです。

コンテンツマーケティングとは異なるコンテンツSEOとは、見込み顧客が検索すると想定されるキーワードを選定し、そのキーワードに沿ったコンテンツを定期的にWEBサイト上で公開したり、改善したりすることで検索上位を狙い(=SEO対策)、該当サイトに見込み顧客の流入数を増やすことを目的としたマーケティング施策となります。

つまり、「コンテンツSEO=コンテンツマーケティング」ではなく、厳密には「(購買などのアクションを目的とする)コンテンツマーケティングのひとつ」と捉えられているのです。

コンテンツマーケティングが日本で流行っている背景

ユーザーが広告を広告として認識した

ここ数年でアドテクの進化・普及、SNS広告の普及により、ありとあらゆる手法と沢山のサービスや商品がユーザーに届き、「PR」表記の広告を広告として閲覧するようになった。

広告による売り込みにうんざりしていた

広告主側からユーザーに発信されていた広告(プッシュ型)に正直ユーザーはうんざりし、ほとんどの広告をスルーし始めました。

それは発信される情報のほとんどが、物を買わせたいという目的が見え見えのものだったからです。

Googleの評価がコンテンツの質重視へ変わった

Googleは「良質なコンテンツを上位に表示させることが、ユーザーの満足度に繋がる」というポリシーを持っています。

よって、良質なコンテンツを作成・配信した結果、ユーザーから指示されれば、上位表示される仕組みになっています。

以前まで検索結果で上位表示を狙うために、外部リンクを買うようなSEOが行われていました。

しかし、Googleのアルゴリズムで、そのような不正な検索エンジン対策が次々と摘発されていき、立ちゆかなくなったためコンテンツを作成しトラフィックを集めていこうという流れになりました。

コンテンツは資産になる

以前は、プッシュ型の広告ばかり発信し、予算が尽きれば終了という流れでした。

しかし、コンテンツマーケティングでは、コンテンツは発信すればするほど、Web上に残り続け資産として貯まっていきます。

ユーザーに評価されるような質の良い記事は、Googleが上位に表示してくれるようになっているため、常に集客し続けるコンテンツマシーンとなります。

この差は非常に大きくコスト面でも非常に効率的です。

ブログ更新体制をベースとして活かすことができた

コンテンツマーケティングが流行る前からブログ更新は定期的に励行しており、ブログ経由から多数の流入を獲得している企業も多いと思います。

そういった習慣をベースにし、戦略をプラスすることでより体系化して取り組みやすかったというケースもあるでしょう。

クラウドソーシングが一般化

コンテンツ制作には、時間とコストと手間が掛かるため今まで躊躇していた企業は多かったのです。

昨今は、クラウドソーシングが一般化したことにより、コンテンツ制作に掛かる時間とコストと手間を削減することができると気づき、大量にコンテンツを制作しコンテンツマーケティングを実施しようという流れができています。

しかし、時間もコストも手間も掛かっていないコンテンツは当然質が低くなりがちです。

質の低いコンテンツを見せられたユーザーはどう思うのかを考えなければいけません。

つまり、ただコンテンツを書けばいいってことではないです。

量ばかり増えていても、ユーザーに触れられなければ意味はないですし、触れてもらってもユーザーのニーズを満たす物でなければいけません。

コンテンツマーケティングはいつ始めるべきか

コンテンツマーケティングを始める適切なタイミングはあるのでしょうか。

結論から言うと、最適なタイミングは「いま」になります。

    ・効果がでるまでに時間がかかる
    ・早いほどコストパフォーマンスがよい
    ・蓄積が重要

効果がでるまでに時間がかかる

まずコンテンツマーケティングは効果がでるまでに時間がかかります。ユーザーが「発見」「確認」を繰り返し、関係性を築くフェーズでも時間がかかりますが、そこからユーザーが購買行動をとるまでにはさらに時間差があります。早く結果がほしい場合、単純に早く始める必要があります。

早いほどコストパフォーマンスがよい

またコストについても早く始めることでメリットが生まれます。広告のように必要な時に必要なだけコストを投下するのではなく、コンテンツマーケティングでは作成したコンテンツが蓄積され、ショットで投下したコストが消費されることなく継続的に効果を生み出すため、長く展開するほどコストパフォーマンスが上がります

蓄積が重要

最後に、コンテンツマーケティングは蓄積が重要です。テーマに対してより詳細に作り込みをー行うとニッチなものになるため、コツコツと蓄積させていく必要があります。継続的に効果を生み出すコンテンツの蓄積を重ねることで、階段状に結果が積み上がっていきます。

2019-12-15T15:42:00+09:00

関連記事