ドメインパワーを強化したいときに行うべき方法

/ドメインパワーを強化したいときに行うべき方法

ドメインパワーを強化したいときに行うべき方法

WEBマーケティング SEO対策

企業のマーケティング担当者は、マーケティング手法の一つとして、よりオウンドメディアにこだわるような流れになってきました。

その理由は、オウンドメディアが軌道に乗りパフォーマンスを発揮することで、アクセス数は右肩上がりで増加し自社のサービスや商品の知ってもらうきっかけを創造できたり、理解するきっかけを創造する事に寄与するからです。

その他では、オウンドメディアのとして世界観を設計して作り込むことで、そのもののブランディングの一端にも貢献するからでしょう。

オウンドメディアの良し悪しには、流入対策として検索エンジンで記事を上位に表示させることがとっても重要です。

そのために欠かせないもっとも重要な要素として、オウンドメディア自体の「ドメインパワー」の向上が挙げられます。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、その名の通り「ドメインの力」であり、「検索エンジンからの信頼度」を表します。

ここでいう検索エンジンは現代においては、すなわちGoogleと言い切ってよいでしょう。

検索エンジンは、ありとあらゆるWebサイトを定期巡回しながら、「このドメイン(WEBサイト)は信頼できるかどうか」をスコアリングしています。

(この記事では、何を持って信頼できるかという点については述べません。)

定期巡回の結果、検索エンジンからのスコアリング評価と信頼が重なるに連れて、ドメインパワーが強くなります。

ドメインパワーが強化されると、主に2つのメリットがあります。

同じドメイン内のページが検索上位に表示されやすくなる

1つ目のメリットは、公開した記事が検索上位に表示されやすくなることです。

ここの公開した記事とは、すでに公開している記事、これから公開する記事の両方をさします。

オウンドメディアのドメインが検索エンジンに信頼されていることで、優先的にアクセスされやすい状況になります。

同じジャンルで記事制作をしている他の企業と比べてもアドバンテージのある状況ですから自社のサービスや商品を広める目的においては、大きな効果に繋がるはずです。

検索エンジンに登録(index)されるまでが早い

2つ目のメリットは、検索エンジンに登録されるまでの時間が短くなることです。

ドメインパワーが強いサイトには、クローラーと呼ばれる検索ロボットが頻繁に訪れるようになります。

そのため、記事が公開されるとクローラーが検索エンジンに記事情報を読み込み、インデックス登録をすぐにしてくれるのです。

ドメインパワーを上げる方法

ページ数を増やす

サイト内のページ数を増やすことです。

キーワードと関連性の高いページが多いサイトは、検索エンジンから信頼を得やすく、ドメインパワー向上につながります。

だからといって、むやみやたらに記事数を増やすだけでは効果がありません。

最近はAIというテクノロジーの発達により、ページの中身(コンテンツ)もどこまで作り込んでいるか人間の目で見るほど、厳密にチェックされていると思った方がよいでしょう。

質の低いコンテンツの量産は、サイト全体の評価を下げることになり、かえって逆効果です。

手間暇を掛けてでも良質なページを作る事を優先しましょう

文字数を増やす

検索エンジンからの評価が高いのは、ユーザにとって価値のある情報を発信・伝達している記事です。

文字数が少ない記事は、ユーザーの知りたいというニーズに対して十分に答えていない場合が多く、望んだ評価を得られいケースが多いです。

情報量を多くすれば自然に文字数が増え、それだけユーザのニーズに応えやすくなります。

すると記事の

「滞在時間」や「直帰率」

も向上し、検索エンジンの評価が上がることにつながります。

記事の品質を上げる

昨今は以前にも増してアルゴリズムの変更(アップデート)が行われるようになり、検索エンジンのロジックが変化して記事の質がより評価されるようになりました。

文字数の増加は重要ですが、ただ増やしても意味がありません。

また、検索キーワードの出現率や回数などの重要指標がさほど重要視されなくなりました。

更新頻度をあげる

ドメインパワーはサイト設立の年月が長いほど強い傾向にありますが、更新されないとドメインパワーは全くといってよいほど上がりません。

たとえ質の高いコンテンツを発信していても、更新頻度があまりに少ないと評価されないのです。

被リンクを集める

SEO対策向きにサイトを改良する

2020-05-09T17:32:43+09:00

関連記事