SEOで評価される記事を作成するPOINT

/SEOで評価される記事を作成するPOINT

SEOで評価される記事を作成するPOINT

SEO対策 広島

SEO対策は今日対策を打って明日には目が出るよいったような短期的な対策ではないことは誰しも認識をしている内容であることと思います。

SEO施策を行っていくにあたって、近年では記事コンテンツを用いた施策が大変重要かつ主流になってきています。

各社オウンドメディアやコラムなどそれぞれテーマを設定してテーマに対して充実したコンテンツをユーザーへ提供する運用をされているケースは多いと思います。

今回はそのような方々に、オウンドメディアやコラムでの記事制作で成果を出せるちょっとした施策やポイントをご紹介します。

SEO施策の考え方

SEO全体における施策の考え方として重要なものを紹介いたします。

SEO施策において考慮すべきポイントは数多くありますが、要約をすると以下が挙げられます。

  • ユーザービリティ、クローラビリティを優先した最適化
  • 目標・ゴールに向かってPDCAを繰り返す
  • ユーザービリティ、クローラビリティを優先した最適化

    SEO対策すなわち、検索結果でサイトの上位表示をはかる際に、ユーザー(閲覧者)にとって使用しやすく閲覧しやすいサイトかどうか、またGoogleのクローラー(Googleの検索サービスが色々なホームページから情報を収集するためのプログラムのこと)から適切にページ内容を読み取ってもらえるページかどうかが重要になります。

    SEO施策を考案する際には、優先事項としてこれら2つの視点から考える必要があります。

    施策のPDCAを回す

    クローラーによる検索順位の決定(評価行為)は相対評価となります。

    ですから、SEOにおいて必ず成功する施策はありません。

    そのため、ユーザビリティ、クローラビリティの観点から行った施策も成果がでるまで試行錯誤する必要があります。

    その上で、

    課題発見 → 施策実行 → 仮説検証 (再度その繰り返し)

    を実施し続ける必要があります。

    その中で気づきとして得ることができた記事制作におけるポイントをご紹介します。

    施策事例

    ①タイトルで疑問を掲げて、見出しで回答する

    SEO対策で上位表示を狙う際にただダラダラと書きたいことを書くだけではとても不十分です。

    骨組みや起承転結をイメージしてタイトルと見出しを整理して骨格・土台を作ることはとても重要なことです。

    このタイトルと見出しの設定の仕方でもちょっと気をつけて行う記事とそうでない記事は大きく違った評価につながるでしょう。

    [ 実施内容 ]

    タイトルは可能な限り、ユーザーを検索行為に行う背景を想像し、動機部分を刺激する形で言語化して作成します。

    見出し面では、そのタイトルに連動して疑問を簡潔に解決するように設定します。

    例えば、以下が実際の例になります。

    タイトル :

    LPとリスティング広告はセットで導入すべき?平均的なパフォーマンスは?全体的な運用のコツや改善点を解説します

    (以降、ランディングページ=LP)

    1. ランディングページの基本知識

     ・LPとはどんなページなのか
     ・LPを用いるのはどんな目的や狙いがあるからなのか。

    2.リスティングの基礎知識

     ・リスティング広告の仕組みや機能
     ・その他の広告とどう異なるのか。

    3.  LPとリスティングが相性は抜群

     ・モチベーションの高いユーザーへの接客シーンが作れる
     ・選択肢が少ないほどユーザー決めやすい

    4. 押さえておきたい運用ポイント5つ

     ・ ①
     ・ ②
     ・ ③
     ・ ④
     ・ ⑤

    補足 :

    ランディングページとは?

    ランディングページ」と一口に言っても、「広義のランディングページ」と「狭義のランディングページ」が
    存在します。

    初心者は両者の意味を混同しやすいです。

    ホームページの中で最初にアクセスされたページ=ランディングページ

    広義のランディングページとは、前述のとおり、ホームページのなかで訪問者が最初にアクセスして「着地」したページのことです。

    トップページに最初にアクセスされた場合はトップページがランディングページになり、検索エンジンなどをとおして「会社案内」ページにダイレクトにアクセスが生じた場合は「会社案内」ページがランディングページになるということです。

    狭義のランディングページと区別するために、ホームページ制作会社によっては「入り口ページ」「集客ページ」とも呼ばれます。

    Webマーケティングの場面でもっぱら使われるのは、後者の狭義のランディングページのほうです。

    ②目次を設置

    上位表示されている記事の中で、目次が設置されているものをよく見る機会も多いのではないでしょうか。

    ユーザビリティの観点からもページの見やすさを向上させる施策のため実施をおすすめします。

    SEO対策 目次例

    ③動画やマンガの作成・挿入

    5Gの波がきている現在、コンテンツの在り方がどんどん変化しています。

    より内容及びその特徴や要点をつたえる工夫として動画やマンガ、マンガを用いた動画などいろんなパターンを登場しユーザーの心を掴み販売促進活動を実現しています。

    ここでいう動画は要点をスライド動画で簡潔に伝えるという内容を指しています。

    動画は凝った内容も作れますが、記事コンテンツに用いる目的の動画は要点だけをまとめたショート動画で良いと思います。

    ④文字装飾・図表・オブジェクト・アイコン挿入

    ページを読み進める上で、文字情報だけでは見にくいページとなってしまう可能性があります。

    記事内容に応じて、各所で簡単な説明画像の挿入、また重要箇所などについては文字の装飾を実施。

    SEO対策
    そこで、ページを見やすいものとするため、文字の装飾や図表を挿入することでユーザビリティの高いページにすることが可能です。

    SEO対策

    SEO対策

    まとめ

    このようにSEOにおいて正攻法の施策以外にも、ちょっとした施策と改善を繰り返していくことで成果につながる場合もあります。

    常にページのコンディションと課題を検討し、改善のPDCAを行っていくことをおすすめいたします。


    2021-01-09T16:12:56+09:00

    関連記事